考えなくてはならない事   



d0180506_21595689.jpg
d0180506_22210658.jpg


ハコネウツギが開花しグリーン一色だった庭が
ぱっと明るくなった気がします。

もう少し木の丈を詰めて目線の位置で
花が見れるよう剪定をした方がよさそう。

年々季節がめぐりまわってくるのが早いけど
私だけがそう感じるのか...。






d0180506_17162921.jpg

最近自分たちの「命」の在り方を
考えるきっかけがあった。


それは築地本願寺の合同墓の広告でした。

d0180506_17184597.jpg
d0180506_17191178.jpg

東京メトロ日比谷線築地駅出口から1分という近さ。
築地本願寺前の晴海通りを少し歩くと歌舞伎座。
その先は銀座というアクセスの良さ。






d0180506_17170549.jpg

予約はすぐには取れずあと残り数人という日に申し込めた。

週3回開催されてるという見学・説明会だというのに
当日大勢の参加者で満席なのにびっくり。
皆さんそれぞれの思いで来られてるんだなと実感した。

説明会場の窓の先には晴海通りを挟んで築地市場。
昔海だった場所を埋め立てたのが築地。
そこに建てた築地本願寺の参道が今の賑やかな築地市場だそうです。





d0180506_17340448.jpg

後に残された家族の負担にならないよう~
生前の申し込みで自分も家族も安心できるように~
この先まだまだ大丈夫と言っても
いつしか確実に受け入れなければならない事実。

数か所から資料を取り寄せてるけど
果たしてどうなることやら~~。





「丘の家」は、ランキングに参加をしています。
バナーをポチして頂けると嬉しいです。 
  
    ポチ053.gif


[PR]

by juju-19451006 | 2018-05-13 23:23 | 日々の出来事 | Comments(6)

Commented by レオ&ミユ at 2018-05-14 10:05 x
お早うございます、考える時期になりました、我が家のお墓は世田谷にありますが、最近お参りに行くのが苦痛になって来ました、永代供養はお願いしてありますが、どうしようか考えています
Commented by juju-19451006 at 2018-05-14 11:16
> レオ&ミユさん
お墓世田谷なんですか。
一年に数回の事ですが段々体力が落ちたりすると
気持ちはあってもなかなか大変ですよね。

我が家は一人息子で主人は次男なのでお墓はありません。
今購入したとしても息子がその墓を継いでいくのは
墓参りやお寺との金銭も含めて無理だろうとの判断で
今回足を運んだ次第です。

合同墓のパターンは色々あり粉骨し専用のお骨袋に入れて
空調管理された場所に収蔵されて管理。

永代使用冥加金により3パターンあり。
・個別保管はなく合同区画に預かり
・個別保管6年まで(その後合同区画預かり)
・個別保管32年まで(その後合同区画預かり)
上記預かりの年間管理費不要。
6年、32年個別保管しても最終的には合同区画預かりという事です。
申し込み時には合同礼拝堂の回廊に名前が刻銘されます。

年間管理費を伴う寺が多いなか築地本願寺は不要なので
家族に負担を残さないのでいいかなと思いました。
でもまだどこが良いのかは決断できないままです。
Commented by usatyu4 at 2018-05-15 07:25
おはようございます。都会のお墓事情は私たちのところはそこまでではないけど、最近では樹木墓などの広告を目にします。
お葬式の形もだんだん変わってきていますね。
我が家は家族葬でこじんまりしたお葬式でした。
Commented by juju-19451006 at 2018-05-15 16:06
> usatyu4さん

残された人が大変な思いをしないで済むことが
一番だと思ってます。
生まれる時も一人なら死ぬ時もひとりです。
だから死んだ後にどうこうではなく
その時までのかかわりが大事と思ってます。
Commented by shizuo7f at 2018-05-20 14:55
Jujuさん、こんにちは~♪
「残された人が大変な思いをしないで済む…」。
仰る通りだと思います。
我が奥さまから聞く周りの人たちの話は、
多いのは、“こじんまり”とか“家族葬”とか…。
お墓事情も随分変わって来てる気がします。
Commented by juju-19451006 at 2018-05-21 23:25
> shizuo7fさん
そうですね。
あと10年もしたらどうなんでしょう。
しいて言えば寝込まず介護のない終末が理想ですけど...
こればかりは誰にもわからないです。
偽りのない自分らしい生きをしたいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 早朝のバラ園 最初で最後 >>