虹の架け橋   


d0180506_21211777.jpg

台風13号の影響で青空が見えるけど時折霧雨。
今晩から明日の午前中に通過するというが
少し外れてくれることを願う。


ここ数か月間起床するまでのウダウダ癖がついた私。
「虹」だよ!の一言で思わず起き上がった。

虹を見れるとなんとも言えない幸せ感が胸に残る。
ベランダの正面には描かれたような大きな虹のアーチ。
すご~い!





d0180506_22000695.jpg

完璧な虹の架け橋を眺め
心打つ良いことがありますようにと願う。


「丘の家」は、ランキングに参加をしています。
バナーをポチして頂けると嬉しいです。 
  
    ポチ053.gif


[PR]

# by juju-19451006 | 2018-08-08 23:20 | 日々の出来事 | Comments(2)

2018 北海道旅行 姿見の池   




d0180506_22563786.jpg

富良野を午前で引き上げ旭川空港に戻り
再び旭岳山麓駅行きのバスに乗車。
どうしても姿見の池周遊をしたい~

山麓駅ロープウエイで標高1600mの姿見駅まで~

周囲の山々を眺めながら空中散歩。
到着する先は霧で見えません。





d0180506_22294513.jpg
d0180506_13590220.jpg


姿見駅を一歩踏み出すと目前は雪景色。
下界の猛暑とのギャップがありすぎ~
姿見の池一周は約一時間ちょっと。
最終バス18:00の旭川空港行きの時間まで十分だ。

さぁ~出発~♪





d0180506_14022207.jpg
d0180506_15463254.jpg


左側が鏡池、右側が擂鉢池
別名夫婦池と呼ばれてるようです。





d0180506_23553114.jpg

積雪の厚さがすごい!





d0180506_15165713.jpg

旭岳の噴煙が見えたという事は
姿見の池まであと少し。
雲の隙間からさした陽にほんのひとときの青空と景色。
あっという間に雲で見えなくなる。





d0180506_15471271.jpg

徐々に姿見の池に近づいてます。
ここから先は少し上り、ロープにすがりながら
ゴロ石や雪で足首をねんざをしないよう慎重に足を運ぶ。

やはりスニーカーでなく登山靴がよさそうだ。





d0180506_15490267.jpg
d0180506_15515758.jpg


旭岳の地獄谷の数か所からの噴煙。
身近で見れるので迫力十分。





d0180506_16064609.jpg

念願の姿見の池展望台では陽がさしたかと思うと
流れてくる雲であっという間に
旭岳が隠れてしまった。

姿見の池もまだ氷が厚く融けてたのは池の端の一部。
これでは旭岳が映ら~ない!

時折変化する雲の流れで気温が急激に下がり
慌てて防寒着を取り出す始末。





d0180506_23501436.jpg
d0180506_16481679.jpg
d0180506_23491449.jpg

姿見展望台から出発点の姿見の駅までの途中では
高山植物の花がみられた。





d0180506_23532784.jpg

散策路左右には積雪。
自分たちに迫ってくるようなそんな景色が
何だか氷河期に入り込んで行くような錯覚に。
気温が低くいので足腰はピリピリ感で痛い!





d0180506_23514554.jpg

噴煙を上げ雲で覆われた旭岳を背後に姿見駅へと急ぐ。

あれほど多くの人が周囲にいたのに
あっという間に見えなくなった。
前後を見ると私達だけに。
もしここで霧が立ち込め全く見えなくなったら
どうなんだろうと...



「丘の家」は、ランキングに参加をしています。
バナーをポチして頂けると嬉しいです。 
  
    ポチ053.gif


[PR]

# by juju-19451006 | 2018-08-04 22:46 | 北海道の旅 | Comments(2)

2018 北海道旅行 ファーム富田   





d0180506_13581684.jpg

北海道旅行三日目ついに晴れ~♪
朝早く中富良野に向かう。
連日のファーム富田行きである。

もちろん中富良野駅からは
紹介してもらった地域乗り合いタクシー。
歩かずに済むので時間短縮だ。






d0180506_14001880.jpg

昨日の雨で水分を含んだせいか
茎がシャキッとしたようだ。





d0180506_14414091.jpg

ファーム富田の丘の一番高いところにある白樺の森。
周辺の植えてある植物はポピーらしいけど花はまだだ。
白樺の背景で
素晴らしい風景になるんだろうな~と想像する。






d0180506_14501746.jpg


森の舎の展望デッキから見渡せる森の彩の畑。
一番奥が濃紫早咲。
手前右斜面には大麦やカスミソウなどが...
花類はまだこれからという感じ。


その丘を下ると

d0180506_15411033.jpg

彩の畑を右手に見下ろせる道に出た。
緩やかな丘が鮮やかな花の列で彩られるのを
見れなかったのはちょっと残念だった。
あと数日後だったらよかったのに...
ここはベストシーズンに訪れないと
帯のような花のうねりが見れないのだと痛感。






d0180506_15252250.jpg
d0180506_15230643.jpg


入り口のハニサックルの誘引がおしゃれ。





d0180506_00093164.jpg

晴れという事もあり早々とファーム内散策が出来た。
まだ旭岳の姿見の池散策コースを諦めきれない二人。
旭岳ロープウエイ情報検索すると運行中。
すぐ富良野を出発し旭川空港発旭岳行きのバスで再度山麓駅へ向かう。
なんともひつっこい二人。



「丘の家」は、ランキングに参加をしています。
バナーをポチして頂けると嬉しいです。 
  
    ポチ053.gif


[PR]

# by juju-19451006 | 2018-07-22 22:44 | 北海道の旅 | Comments(4)

2018 北海道旅行 小雨の富良野   



d0180506_16074159.jpg
d0180506_15451501.jpg

早朝歩いて山麓駅へ様子を見に行くと
姿見駅周辺は雨で運休中との表示板。
止むをえないのでルート変更!

この日はホテルを富良野に予約してあったので
富良野に向かうしかない。





d0180506_16153439.jpg
d0180506_16150375.jpg



朝食を軽く済ませ山麓駅近くのホテルをチェックアウト
歩いて数分の山麓駅始発の旭川空港行きバスに乗車。





d0180506_16311108.jpg

この雨の中、行ったり来たり何やってるんでしょう!
結局前日のルートで旭川空港に戻る羽目になった。

東川町の天人峡温泉では同温泉に通じる道路が一部崩落し、
宿泊客ら孤立したというニュースを知った。
そんな最中、東川町を流れる橋を渡る際には
濁流で水位が大分上がっているのを目にする。

幸い旭岳⇔旭川空港間はバス路線が運行してたので助かったが
川の増水と土砂の影響は富良野線運休となっていた。

富良野線が不通だと富良野行きのバスが混むはずと
シュフトウサンのいう通り始発の旭川駅まで行って乗車する事になった。
案の定、出発地の旭川駅で席は満席。
多分富良野まで降りる人は居ないから次の旭川空港で乗ったら立ちんぼだった!

富良野ラベンダー号で1時間40分余りで中富良野バス停下車。





d0180506_16450775.jpg



とりあえず数分先の中富良野駅でトイレタイム。
駅構内の観光案内所の女性から有難い情報が...
中富良野観光協会による「乗り合いタクシー」で
ファーム富田まで200円で行けると教えてくれた。
タクシーだったら1,000円位だったかも?

この「乗り合いタクシー」の事は余り知られてないけど
今後ファーム富田に行くのであれば
中富良野駅前から往復利用した方がいいです。
この日この情報を知らない人達はバスを降りた後
雨の中ファーム富田まで歩いてました。



d0180506_17024277.jpg

ファーム富田の原点のトラディショナルラベンダー畑。
そこからは田園風景と十勝岳連邦が眺められる場所。
急勾配なので自力でこの丘まで上って来れる人は限られるかも。





d0180506_17060351.jpg
d0180506_17034406.jpg

小雨でラベンダーがうねり乱れて。
でもそれも美しい~♪

もう10日後だったらもっと色濃かったのではないか。
その年の気象状況も関係してるので止むをえないです。




ファーム富田園内は、翌日もう一度訪れるので
この日は大まかに見て回ることとした。


d0180506_13192550.jpg

別の建物で人の手でラベンダーを一束一束にしてる場面を目にした。
その生のラベンダーの一束一束を吊る下げたラック。
生あるいはドライで販売するのでしょうか。





d0180506_16591771.jpg

ありましたーーーー
すぐ近くのショップで販売してましたよ。
濃紫早咲き一束150円~♪





d0180506_13351246.jpg

園内スタッフ移動手段のオートバイはラベンダー色。
確かスタッフの上着もラベンダー色だった。





d0180506_13503031.jpg

蒸留の舎

ラベンダーを蒸留しエッセンシャルオイルを抽出する場所で
オイルと一緒に抽出されるラベンダー蒸留水も販売してました。
すっかり購入するのを忘れました。





d0180506_17272929.jpg

雨のこの日は富良野で宿泊。
同系列のホテル(昨年宿泊)へ送迎ありという事でそのホテルで夕食。
ディナービュッフェを見回すと外国の人が多い。
ここが日本かと錯覚を覚えるほどだ!

いったい日本人はどこに旅してるんだろうかと思った。

翌日はファーム富田の園内をもう一巡りし
旭岳のロープウエイが運行中なら再度姿見の池散策に向かう予定。
旭川空港を中心に行ったり来たりのおバカな二人ずれ。

「丘の家」は、ランキングに参加をしています。
バナーをポチして頂けると嬉しいです。 
  
    ポチ053.gif




[PR]

# by juju-19451006 | 2018-07-15 22:24 | 北海道の旅 | Comments(0)

2018 北海道旅行 旭岳   




d0180506_14565010.jpg
d0180506_16051255.jpg


最寄駅から5:35発羽田空港行きバスに乗車。
7:55発JAL羽田空港旭川空港行きで9:35着。

不安定なお天気の中の飛び立ちはちょと不安がよぎる。
雲の上は晴れて青空なのに雲の下は雨・曇り。





d0180506_15505812.jpg

昨年に続き旭川空港は二度目。
外はシトシト雨。気温は13℃と肌寒い。

1日目の予定は旭川空港から大雪山旭岳ロープウエイで
「姿見の池」散策コース。

しかし空港で現在のロープウエイ運行状況と
姿見の池ライブカメラの映像の確認をした。
風速が21mなので現在運休中。
やむを得ず予定変更し、バスで雨の美瑛に向かった。





d0180506_15014579.jpg


ここは美瑛の駅。
早朝出発したのでまずは腹ごしらえ。
美瑛駅近くで美瑛豚ロース定食で昼食。
美瑛豚の肉質が柔らくおいしかった。





d0180506_23002654.jpg

しかし希望の午前のバス周遊コースは出たあと...
午後の周遊コースだと予約した旭岳のホテル方向のバスに間に合わない。
美瑛は「青い池」や「四季彩の丘」など一度訪れている事もあって
見なくても良いと空港に引き返した。
移動ばかりの何っていう一日なんだ!





d0180506_22381562.jpg

旭川空港に戻るとメガネがケースごとないのに気が付く。
どこで手から離したのか全く記憶がない...
いくら考えても思い出せない!困ったものです。
これが今回の旅行の一回目の紛失物。






d0180506_22300307.jpg


旭川空港からバスで旭岳ロープウエイ近くのホテルまで約一時間。
終点ロープウエイ乗り場山麓駅で下車。
後日訪れるために周囲を下見。
そこから緩やかな坂を下るとホテルだった。






d0180506_22322105.jpg

一日目はここに宿泊。






d0180506_16230551.jpg

部屋の内装は山荘のイメージ。
コーヒー豆を挽くミルが用意されていた。
淹れるのはコーヒー好きの人。





d0180506_17455011.jpg

シェフが蒸し野菜に温かい十勝ラクレットチーズを
かけたのを食べながらビール...





d0180506_17461720.jpg

シュフトウサン和食コースが良かったらしい~
食べた気がしなかったようです。
滅多にない体験だからいいんじゃない!





d0180506_17341508.jpg

旭岳が晴れることを祈るばかり。
翌朝のロープウエイの運行次第では富良野に向かうことになる。




「丘の家」は、ランキングに参加をしています。
バナーをポチして頂けると嬉しいです。 
  
    ポチ053.gif


[PR]

# by juju-19451006 | 2018-07-11 17:37 | 北海道の旅 | Comments(4)