ウォーキングが花草収穫に・・・   

いつものようにAM5:30にセットした携帯のアラームが鳴り響いた。
気分がすっきりしないので血圧を測ると相当高い!もう一度測ったが高い!
何でだろう?医者に行かなくても何とか自力で低くなれないかと願う。
やはり歩くしかない・・・
それなら今日(10/1)からならきりがいいと散歩に出た。
                       d0180506_23233832.jpg     
坂を下りて水無川沿いの散策路を平和橋方向に歩く。
この道を歩くのは久しぶり。
今年は酷暑のせいで,とても散歩等する気にもなれなかったのだ。

途中、気候変化のせいで遅れて咲いたヒガンバナが、
今が最盛期かのごとく茎を上にスッとのばして・・・


平和橋を渡って反対側散策路を桜土手古墳公園方向に散策中
いつものごとく小さな花草に魅せられるともうウォーキングどころでない!
シリカゲルで乾燥させてリースの材料にしたい・・・ 
ピンク色と白で可愛い金平糖のような花     d0180506_23135170.jpg
「マゴノシリヌグイ」のトゲにも屈せず必死で収穫060.gif 
d0180506_23472420.jpg

d0180506_2320093.jpg
リースにこれをぎっしりと使いたい!      
そう考えるともう収穫にのめり込んでしまう。
いつもの私の行動パターンだ。 


                   
         d0180506_23162028.jpg
しばらく歩くと道路の端の石に苔が微妙な配置で・・・
明け方の雨で濡れた黒い石と苔の鮮やかな若草色が何ともしっくり合う。




d0180506_23165929.jpg
散策路の所々にある赤松をふと見上げたら松葉の一本一本の先端には水滴が付いて・・・
なぜか不思議?
赤松の木肌の独特な色にはなぜか惹かれる。



なんだかんだと目線が下になったら、周りの事が見えて・・・
自然に剥がれた赤松の樹皮が、散策路にたくさん落ちている。
d0180506_23183084.jpg

これもリース素材と・・・もう必死で収穫~
ウォーキングどころかリース素材の収穫三昧だった060.gif
[PR]

# by juju-19451006 | 2010-10-01 23:39 | Comments(4)

強いもの勝ち・・・   


秋雨が続いていたが運よく晴れる。      d0180506_042642.jpg
勤務先の利用者さんと一緒に平塚総合公園に車での外出。 
                 
動物公園の「ふれあいコーナー」ではヤギ、ヒツジ、ブタが一緒に放されていた。
野菜を手にしてサークル内に入いると目の前にピタッと向かい合い、エサを待つ。
人に慣れているから大丈夫なのに心臓がドッキン~ドッキン・・・

d0180506_074727.jpg
エサを貰ってても傍に寄ってくる仲間を頭突きで追い払う。
ぶつかる瞬間の体はしなやかに反って見事なハヤワザだった。

やはり動物同士でも競争が激しい・・・
これって人間社会と同じ?
[PR]

# by juju-19451006 | 2010-09-30 23:59 | Comments(0)

つると草でかごづくり   

平塚の花菜ガーデンに「自然を編む!つるのかごづくり」の講座に出掛けた。
先月からこのナチュラルなかごを編む講座が楽しみだった。060.gif

秦野から平塚方面金目川に沿って平塚インター入り口を横目に通過。d0180506_20413681.jpg
すぐ左手に飯島という標識、そこを左折すると左手にあさつゆ広場の看板が見えた。
その角を左折すると道路を挟んで右側が花菜ガーデンの駐車場だった。
さっそく受付をしたが、年間パスポート購入したので、次回からは入園料金と駐車料金は免除。今後は参加費だけでOKなのだ。良かった072.gif
   開始時間までに余裕があり「キッチンHANA」で景色を見ながら食事。069.gif
d0180506_20513297.jpg

        d0180506_20501451.jpg
さらに短時間で見れる場所をスタッフに聞き、リコリスの
咲いている春告げの小道の南の丘を散策。
あちこちにリコリスの白・ピンク・赤・イエロー・クリーム等‥まっすぐにのびた茎の上で、これが最後だと踏ん張って咲いているように思えた。
d0180506_2046731.jpg

d0180506_20471453.jpg

          空の色も雲も吹く風もなんとなく秋っぽいかな
d0180506_20525459.jpg


     072.gif自然を編もう~ つるかごづくり072.gif

<今日の材料>d0180506_20533752.jpg 
 
あけびつる:150g                   
つるひげバイン
レモングラス:数本
麻紐:40cm

もうすでに芯となるつるは既定の長さにカット d0180506_2055010.jpg
そのつるを交差させた中心を麻紐で固定する
さらに用意されている長いつるを手を広げた長さにカット(編みやすいように)
麻紐で固定した芯のつるに交互にくぐらせて1週する

2週目は差し芯を入れてから編みが交互になる   d0180506_2055563.jpg
それを好みの大きさまでつるを足しながら編む
最後はつるひげバインで編む
後は芯の後始末をして完了
レモングラスはお好み使用なので未使用・・・ハーブティー063.gif

講師もスタッフも自然体の感じで、モタモタ気味の私が遠慮せず聞けたというのが良かったです
何とか仕上がって・・・これ何に使いましょう?  d0180506_205634100.jpg

これからつるの収穫できる季節ですが、講師からの助言で
収穫したあけび&キウイ&ブドウ&くず等のつるは、10分位煮沸した方が良いそうです。
これって虫駆除とか殺菌?

帰りは、花菜ガーデンのシンボル「カレル・チャベックの家と庭」を散策してから帰途に・・・

d0180506_12463195.jpg
d0180506_20582561.jpg

d0180506_20573363.jpg

[PR]

# by juju-19451006 | 2010-09-25 21:18 | Comments(6)

ハーブビネガー&ハーブオイルづくり   

初秋の気配がと感じたばかり・・・
なのに時折の強い雨と雷雨057.gif057.gif
昨日のそんなお天気の中、小田急線で成城まで出掛けた070.gif
 
d0180506_3441694.jpg

   072.gif楽しみにしていたハーブ講座の               
       「ハーブビネガー&ハーブオイルづくり」

       069.gif 用意されたハイビスカスとローズヒップのビネガー069.gif 

              素敵なピンク色のドリンク
              甘酸っぱくてさっぱり味
d0180506_12195566.jpg

      056.gif 収穫したハーブの利用法056.gif

①ハーブビネガーの作り方d0180506_353230.jpg
・ハーブ(バジル、オレガノ、ティルシード)は洗い水気をとり
 消毒したビンに入れる。
・米酢をビンに注ぎ密閉、2週間位おいて香りを酢に移す。
・2週間後にハーブを取り出し、濾す。

072.gifハーブビネガーの利用法(料理)
ドレッシングとしてサラダにかけたり、マリネ液として利用。


②ハーブオイルの作り方
 ハーブ(コモンタイム、ニンニク、オレガノ、トウガラシ、ベイリーフ)と
 エキストラバージンオイル
・ハーブを洗い、水気をとり消毒したビンに入れ、バージンオイルを注ぐ。
・2週間位置き、毎日振り混ぜる。
・ガーゼで濾した後、もう一度容器に新しいハーブを入れ、濾した油を注ぎまた
 2週間置く。
・2週間後濾して遮光ビンに入れ保存・

072.gifハーブオイルの利用法(料理)
ピザや焼き魚、マリネ、ドレッシングなどに利用。


d0180506_2335064.jpg

          出来上がったハーブビネガーとハーブオイル

063.gifティータイム

温野菜にハーブオイル&ハーブビネガー&ハーブソルトふりかけて
そしてバジルのティー

d0180506_338935.jpg

d0180506_1231237.jpg
d0180506_1234924.jpg






色々なハーブの香りが溶け出たハーブビネガー&ハーブオイルをかけたら、とても微妙で不思議な味、イタリアレストランでもこんなのは味わえない?
野菜素材の味がケンカしてなく、それぞれの味が良くわかる。
本当はいつもこうでなければ・・・余り手を加えないでほどほどがいい012.gif
これって他の事にも通じるのかな・・・


072.gifサプライズ 

帰り際成城コルティでアフタヌーンコンサートを聴くことが出来た。
成城ってなんていいんだろう003.gif
d0180506_2405717.jpg


           060.gifプログラム 060.gif

              故郷の歌メドレー
     オペラ「カルメン」より”闘牛士の歌”         
   オペラ「セビリヤの理髪師」より”今の美声は”
          千の風になって
          また君に恋してる
   オペレッタ「メリーウィードー」より”ワルツ”


d0180506_1572161.jpg
d0180506_1584353.jpg


ソプラノ&バリトンの美声が耳に馴染まない私、周りの人達と一緒に拍手を・・・
何か豊かな時間を過ごせた気分になった053.gif


d0180506_12332232.jpg

[PR]

# by juju-19451006 | 2010-09-24 01:38 | Comments(3)

クズの花とツル採取に・・・   



この間から気になっていたクズの花の香り・・・d0180506_1012014.jpg
どこからともなく風に乗ってあの不思議な香りが漂って来ると何か懐かしい。
小さい頃に記憶された香りだ!



見上げると木々の上の方から根元まで全体を覆うように足元まで垂れ下がっている。
この猛暑の中でも衰えることもなく、その存在感は十分と言って良いほどだ。

細い山道をトラクターで通りかかった農家の人に「クズを何に使うの?」と聞かれる。
リース等に乾燥させて使用すると答えると「これは迷惑なツルなのでドンドン採って欲しい位だ!」との言葉に内心ホットした
d0180506_9432151.jpg

クズのツルは大胆だけど花の色のグラデーションが何とも微妙で素晴らしい。060.gif
ドライにしてリースの飾り花&花を細かくバラバラにして匂い袋になどと思いをめぐらす。

ツルは擁壁の上の方から道路の側溝めがけて垂れ下がり、それをまとめて束にカットし、その場でリースに仕上げた。
d0180506_13343596.jpg

d0180506_5563038.jpg
山ぶどうも同じように場所を変えた所で垂れ下さがりグリーン色の小さなぶどうの房を付けていた。
この実がもう少し経てばきれいな色に変化するかと思うと私はワクワクしてしまうのだ043.gif




車よけのための入り口のコンクリートに腰掛け、山からの心地よい風を受けながら、カニクサ&スイカズラ&ノイバラ等の現場でのリースづくり・・・043.gif
このリースをベースにして、自宅庭で収穫したハーブの花や葉をシリカルで乾燥させたので飾り付けるつもり。特に今回は「香りのリース」として自分で育てたハーブを利用するので楽しみ003.gif

053.gif帰りの車内はクズの花の香りでいっぱいだ・・・053.gif

d0180506_13304524.jpg
d0180506_13313665.jpg
d0180506_13322591.jpg

後部座席には色々なツルのリース、山道に落ちていた栗、どんぐりの青い実、シダ、のびるの花等々山のお土産で大盛り状態。私の心の内はホックホクでした060.gif

こんなことで幸せ気分になれる私は、なんて安上がりなんだろう041.gif
いつもこれが私にとってたまらない事のひとつなんです。

旺盛力がありすぎて車道まで這い出し、厄介物としていずれ伐採されてしまうツルだけど・・・
その自然の恵みを少し分けてもらう事で、私を元気にしてくれる山のツルに感謝です072.gif

自然よありがとう!071.gif071.gif058.gif

d0180506_109768.jpg

d0180506_9421978.jpg

[PR]

# by juju-19451006 | 2010-09-14 03:34 | Comments(2)