紙コップ   

072.gif035.gif035.gif035.gif072.gif
d0180506_9405667.jpg
マルシェ・ジャパンin小田原・箱根の会場の
ポケットパークの踊り場サイドでもやはりキッズコーナーで・・・
見ると職員が付いてアドバイスしてくれ、幼児一人でも
自由な発想でひたすら紙コップを積んで無心に楽しめる空間?
ただそれだけ、なぁ~んだと思ったが、あまりにも幼児の熱心な姿。

d0180506_9412335.jpg
またもやニューシニアの私、興味深々でその場に足が止まる。
しばらく観察していると紙コップをひたすら自分の背丈ほどあるいは
床の模様のカーブに沿って積めるところまで積む。
出来たぁ~と得意げに付き添いの母親に声をかける・・・がしばらくして
積んだ紙コップ一個に刺激を与えると一気にクズレテ。

慎重に苦労して積み上げてお好みの形の高さまで築いたのに・・・d0180506_9414929.jpg
あぁ~と言いながらまたも積む姿。やめようとはしないのだ。
積み上げるまでの時間、誰にもわずわされることなく自由に創作できる、「無心の時間」がとても快適なのかも知れない。
幼児の時期に「思いのままにツンデ満足してコワスそしてまたツム事」で何かを感じることが大切なのかも・・・ほんの2~3分の時間では深くは理解出来ない。

大人だと折角苦労して積み上げたのにコワスのはちょっともったいないなんて考えたりもするが・・・
でもコワスと意外と気持ちがすっきりしたりとかする心理的な面もあると思う。
紙コップを好きな構想で積んで満足し、それを一気にクズシテ・コワスという行為が
何だか理解できるような気がした。
この豊かな時代に育つ幼児の喜ぶモノ・コトとはなんだろう?
                                                 072.gif035.gif035.gif072.gif
[PR]

# by juju-19451006 | 2010-10-30 10:48 | Comments(1)

ケーキ   

067.gif067.gif         067.gif067.gif     
d0180506_4211343.jpg
マルシェ・ジャパンin小田原・箱根での会場の
      キッズコーナーで発見。




d0180506_4223362.jpgなんだか子どもが小さなその手でストロベリーケーキにラメの飾り付けを・・・幼いながらもすご~く集中している。060.gif
何だ~何だとそばに寄るとそれは本物そっくりのケーキだった。
なんとトイレットペーパーでのケーキ作りだ067.gif
出店中の行き来でのこの現場、名残惜しいけどちょこっと見て後にした。


d0180506_4214815.jpg3歳位の男の子が仕上がったケーキをケーキBOXに入れて持ち歩く姿は、まさに自宅へのおみやげ用のケーキに見えるから不思議?
私の世代では全く想像出来ない造形遊びで、驚いたというか知らなかった自分にもビックリ!
今は、幼児の遊びまでもこんなに変わったんですね。
[PR]

# by juju-19451006 | 2010-10-29 04:34 | Comments(1)

マルシェ・ジャポン in 小田原・箱根    


d0180506_415946.jpg出店会場は小田原地下街・ポケットパーク
主催:小田原箱根マルシェ実行委員会
共済:小田原まちづくり会社設立準備会
小田原・箱根を中心とした40店舗が出店
そのうちの一店舗NPO法人小田原食とみどり
そのハーブ倶楽部でのいちメンバーとして23日(土)・24日(日)の
2日間参加して来ました。
下曽我のハーブ畑で朝摘みした生ハーブで本格ハーブティーを販売。

d0180506_31491.jpg
d0180506_3143639.jpg倶楽部のメンバーによるハーブを使用した手作りピロー・サシェ・ミニリース・重曹クレンザー等々も店頭に並べられました。

d0180506_625011.jpg


d0180506_3552675.jpg




服装は、統一感のあるおしゃれなマルシェをということで上は白、下は黒色のものの着用。
初めてハーブの出店ということもあり、当日のハーブ収穫や現場での状況によっては
臨機応変でという・・・みなそれぞれ備品や役割分担等協力し合いながらの参加でした。

ハーブのブースに訪れる人たちの中には、小田原駅がd0180506_3481111.jpg
各方面へのアクセスができることもあって、これから箱根に泊まりがけと
いうのにハーブを購入して下さった二人連れの方。

ハーブがお庭にびっしりと茂ってしまって・・・大変でみな刈ってしまうけど
ハーブを活用できる出展品を見て帰られる方。

ディスプレー用に自宅から持って来たシンプルリースに
店頭で朝収穫した香りのするレモングラスをグルグルとくぐらせただけなのに
気に入っていただき、販売できないかとかおっしゃってくださったお客様。
シンプルだからどうかと思うが、実はそういう客層の方も何人かいて、
やはりそういうものを見ている人がいてくれるんだと・・・
自分で良いと思っていた事に自信を持つ瞬間です。

d0180506_565317.jpg
d0180506_58597.jpgd0180506_572520.jpg
また参加しながらもシンプル・ミニハーブリース手作りを3点程、店頭販売に出すことができました。

参加することで自分の作品はどのようなお客様が購入するのか?
目で見れる状況把握ができて、とても有意義だと実感してます。

休憩時間には、並んでから目の前で完売となり、前日に食べ損なった?
丘の上の一軒家レストラン:澤亭のビーフシチューを
今日もやっぱり並んだが、運良く後ろの人までで・・・危ういところでした。
早速参加メンバーの人と一緒に昼食をd0180506_3514586.jpg
お友達の「肉がトロケテル~」の一声に
急いで私も口に・・・「トロケテル~」
なんて柔らかくて美味しいんだろう043.gif
シェフが一人で丁寧に素材を器に入れてくれるので時間がかかるけど
その分質を落とさず販売しているのかなぁ~と・・・
食べ終わてから、美味しいからみな時間がかかっても我慢できるんだと納得でした。
今度機会があったら「澤亭」に行ってみたい!と思わせてくれました。

時折各出店ブースを覗いた(これが一番の楽しみ?)d0180506_739721.jpg
小田原下田農園さんの花苗、丁寧に育てられているように見えた苗だったので・・・
ビオラ7ポット購入してしまった。
私も大切に管理しなければと思わされます。

クラフト等はお客様の中には結構自分でやっておられる方も多く、
リースの話からさらに花の乾燥の仕方等に段々進展し、販売だけでなく
「みどり」を媒介として人との関わりが出来、「ありがとう!家で実行してみる」
とおっしゃられて帰られる方。
必ず購入するとは限らない。しかし気持よくお帰りいただけて、またの機会にリピーターとなって
お会いできればそれでもいい。私もそうだから・・・
このような関わりが私にとって一番嬉しい。

今回のようイベントに参加できる生活環境に感謝しつつ、また明日から仕事に戻ります。
[PR]

# by juju-19451006 | 2010-10-24 23:58 | Comments(1)

ビアトリクス・ポター資料館   

先日の鳩山町の記事の続きです。

d0180506_392620.jpg
d0180506_395655.jpg
d0180506_3102120.jpg
ガーデン見学後、農園公園でハーブ植栽部分コーナーを散策。
散策中、頭上の少し上の位置、空中に木の葉がクルクルと
えっ~これって!一体何なのぉーと叫んだ。

高い木からクモの糸にぶら下がった葉っぱ、ただそれだけの事だったんですが・・・

d0180506_3121939.jpgd0180506_313325.jpg糸が見えなかったせいで驚いた!
平日という事もあって本来の公園らしい静寂な感じ?
こういう雰囲気で訪れるのが一番だと思うが・・・



その後「ピーターラビットのお話」の絵本でd0180506_3152471.jpg
知られるビアトリクス・ポターの資料館に
案内していただきました。d0180506_315544.jpg

d0180506_3162316.jpg






資料館入り口には今が盛りと思わせるような色の
メキシカンハーブが咲き、落ち着いた建物の色と
マッチしていてとても素敵でした。
d0180506_3173153.jpg
                                          前庭の斜面にはハ-ブガーデンd0180506_3164972.jpg
ポターが「ピーターラビットのおはなし」の絵本の印税と叔母の
遺産で建てられた、英国湖水地方のビルトップ農場を買い取り資料館とした。
その再現したものがこの建物だとか・・・
家屋のサイズや庭、玄関、正面の階段は建物を出来るだけ忠実に
再現、絵本に登場する場面が再現されている。

資料館では、貴重な最初の絵本やポターについて知ることが出来、d0180506_3194212.jpg
ポターが子供の手の大きさを考慮して本の大きさまで指定した思いが伝わって来る書籍を見て、なるほど~と


隣接するこども動物自然公園の入り口に・・・可愛いい~。
d0180506_3201412.jpg

[PR]

# by juju-19451006 | 2010-10-21 03:41 | Comments(2)

有賀潤子さんのアトリエとガーデンへ   


暑くもなく寒くもなく絶好のお出掛け日よりだった。
あの真夏の暑さがうそのようだ。
JHS横浜支部長と会員10数名が各自東武東上線坂戸駅北口に集合
有賀さん側の車2台&レンタカーに分乗して
一路鳩山町にある「有賀ガーデン・アトリエ」訪問に・・・

d0180506_1364812.jpg
d0180506_1131620.jpg
d0180506_1373611.jpg
まずお庭の案内をしていただいた。
色々な思いの木や植物が、植えこまれており、d0180506_0202311.jpg
どれも住む人が季節を通して楽しめ、癒される「時」を
過ごせる物ばかりのようだ。
少し傾斜地の地形を生かしての建物とガーデン。
庭&窓からは田園風景が一望でき、ガーデン好きなら
誰もが憧れる絶好の立地条件だ。

d0180506_0174177.jpg


d0180506_0534129.jpg
ナツメの赤い実、届かないので有賀さんが椅子の
上に乗り棒でたたき落とす。
それを下で皆が必死で拾う初めて生の実を見た。
匂いはブドウのようで試食したら甘いリンゴのような味だった?
d0180506_0143013.jpg
ティータイムにはレモングラスとレモンバームと
有賀さん手作りのユズジャム入りのホットティー。
朝早くから出掛けたせいもあり、ゆず入りのハーブティーは
胃に沁みわたった。

072.gif ティーで休んだアトリエの中にはHPで見た
有賀さん手作りの素敵な作品が飾られて・・・d0180506_219940.jpgd0180506_1393882.jpg
[PR]

# by juju-19451006 | 2010-10-20 00:59 | Comments(1)