震生湖   

          久しぶりの快晴!058.gif
d0180506_183829.jpg

d0180506_23435884.jpg紅葉にはまだ早いけど震生湖に行ってみた・・・
車で国道246号線の堀川入り口を横切り、尾尻方面へ・・・交差点白笹稲荷入り口を右折し、細い坂道をウネウネと登ると震生湖入り口の駐車場に着いた。家から15分だ。

早速震生湖への林道を降りて行くとすぐ湖のほとりに着いた。
平日とあってかあたりはとても静か・・・

d0180506_04199.jpgd0180506_033419.jpg湖畔にはヘラブナ釣りの人があちこちに・・・対岸にはボートでの釣り人。ただひたすらじっと「その時」を待つ釣り人達。
その間彼らは何を考えているんだろうか。


<あしもとのいやし>

d0180506_091324.jpgd0180506_0331988.jpgd0180506_0422728.jpg
[PR]

# by juju-19451006 | 2010-11-02 23:59 | Comments(2)

ラベンダーのさし木   


秋という気分に程遠いお天気模様だ。
ここ数日は特に朝晩冷え込みが激しい。
一回目はさし木するのを忘れてさし穂を駄目にしてしまった。
時期が少し遅いかも知れないがラベンダーのさし木再挑戦056.gif
このうち何本根付いてくれるか?来年春までのお楽しみです。

072.gifハーブ畑のラベンダー(グロッソ)
d0180506_8294195.jpg
<ラベンダーのさし木>
d0180506_7443767.jpg

072.gif寄せ植えのアイのこぼれたタネから育った丸葉アイ
d0180506_755393.jpg  
 <丸葉アイのタネ>
d0180506_7472011.jpg

[PR]

# by juju-19451006 | 2010-11-01 08:11 | Comments(2)

紙コップ   

072.gif035.gif035.gif035.gif072.gif
d0180506_9405667.jpg
マルシェ・ジャパンin小田原・箱根の会場の
ポケットパークの踊り場サイドでもやはりキッズコーナーで・・・
見ると職員が付いてアドバイスしてくれ、幼児一人でも
自由な発想でひたすら紙コップを積んで無心に楽しめる空間?
ただそれだけ、なぁ~んだと思ったが、あまりにも幼児の熱心な姿。

d0180506_9412335.jpg
またもやニューシニアの私、興味深々でその場に足が止まる。
しばらく観察していると紙コップをひたすら自分の背丈ほどあるいは
床の模様のカーブに沿って積めるところまで積む。
出来たぁ~と得意げに付き添いの母親に声をかける・・・がしばらくして
積んだ紙コップ一個に刺激を与えると一気にクズレテ。

慎重に苦労して積み上げてお好みの形の高さまで築いたのに・・・d0180506_9414929.jpg
あぁ~と言いながらまたも積む姿。やめようとはしないのだ。
積み上げるまでの時間、誰にもわずわされることなく自由に創作できる、「無心の時間」がとても快適なのかも知れない。
幼児の時期に「思いのままにツンデ満足してコワスそしてまたツム事」で何かを感じることが大切なのかも・・・ほんの2~3分の時間では深くは理解出来ない。

大人だと折角苦労して積み上げたのにコワスのはちょっともったいないなんて考えたりもするが・・・
でもコワスと意外と気持ちがすっきりしたりとかする心理的な面もあると思う。
紙コップを好きな構想で積んで満足し、それを一気にクズシテ・コワスという行為が
何だか理解できるような気がした。
この豊かな時代に育つ幼児の喜ぶモノ・コトとはなんだろう?
                                                 072.gif035.gif035.gif072.gif
[PR]

# by juju-19451006 | 2010-10-30 10:48 | Comments(1)

ケーキ   

067.gif067.gif         067.gif067.gif     
d0180506_4211343.jpg
マルシェ・ジャパンin小田原・箱根での会場の
      キッズコーナーで発見。




d0180506_4223362.jpgなんだか子どもが小さなその手でストロベリーケーキにラメの飾り付けを・・・幼いながらもすご~く集中している。060.gif
何だ~何だとそばに寄るとそれは本物そっくりのケーキだった。
なんとトイレットペーパーでのケーキ作りだ067.gif
出店中の行き来でのこの現場、名残惜しいけどちょこっと見て後にした。


d0180506_4214815.jpg3歳位の男の子が仕上がったケーキをケーキBOXに入れて持ち歩く姿は、まさに自宅へのおみやげ用のケーキに見えるから不思議?
私の世代では全く想像出来ない造形遊びで、驚いたというか知らなかった自分にもビックリ!
今は、幼児の遊びまでもこんなに変わったんですね。
[PR]

# by juju-19451006 | 2010-10-29 04:34 | Comments(1)

マルシェ・ジャポン in 小田原・箱根    


d0180506_415946.jpg出店会場は小田原地下街・ポケットパーク
主催:小田原箱根マルシェ実行委員会
共済:小田原まちづくり会社設立準備会
小田原・箱根を中心とした40店舗が出店
そのうちの一店舗NPO法人小田原食とみどり
そのハーブ倶楽部でのいちメンバーとして23日(土)・24日(日)の
2日間参加して来ました。
下曽我のハーブ畑で朝摘みした生ハーブで本格ハーブティーを販売。

d0180506_31491.jpg
d0180506_3143639.jpg倶楽部のメンバーによるハーブを使用した手作りピロー・サシェ・ミニリース・重曹クレンザー等々も店頭に並べられました。

d0180506_625011.jpg


d0180506_3552675.jpg




服装は、統一感のあるおしゃれなマルシェをということで上は白、下は黒色のものの着用。
初めてハーブの出店ということもあり、当日のハーブ収穫や現場での状況によっては
臨機応変でという・・・みなそれぞれ備品や役割分担等協力し合いながらの参加でした。

ハーブのブースに訪れる人たちの中には、小田原駅がd0180506_3481111.jpg
各方面へのアクセスができることもあって、これから箱根に泊まりがけと
いうのにハーブを購入して下さった二人連れの方。

ハーブがお庭にびっしりと茂ってしまって・・・大変でみな刈ってしまうけど
ハーブを活用できる出展品を見て帰られる方。

ディスプレー用に自宅から持って来たシンプルリースに
店頭で朝収穫した香りのするレモングラスをグルグルとくぐらせただけなのに
気に入っていただき、販売できないかとかおっしゃってくださったお客様。
シンプルだからどうかと思うが、実はそういう客層の方も何人かいて、
やはりそういうものを見ている人がいてくれるんだと・・・
自分で良いと思っていた事に自信を持つ瞬間です。

d0180506_565317.jpg
d0180506_58597.jpgd0180506_572520.jpg
また参加しながらもシンプル・ミニハーブリース手作りを3点程、店頭販売に出すことができました。

参加することで自分の作品はどのようなお客様が購入するのか?
目で見れる状況把握ができて、とても有意義だと実感してます。

休憩時間には、並んでから目の前で完売となり、前日に食べ損なった?
丘の上の一軒家レストラン:澤亭のビーフシチューを
今日もやっぱり並んだが、運良く後ろの人までで・・・危ういところでした。
早速参加メンバーの人と一緒に昼食をd0180506_3514586.jpg
お友達の「肉がトロケテル~」の一声に
急いで私も口に・・・「トロケテル~」
なんて柔らかくて美味しいんだろう043.gif
シェフが一人で丁寧に素材を器に入れてくれるので時間がかかるけど
その分質を落とさず販売しているのかなぁ~と・・・
食べ終わてから、美味しいからみな時間がかかっても我慢できるんだと納得でした。
今度機会があったら「澤亭」に行ってみたい!と思わせてくれました。

時折各出店ブースを覗いた(これが一番の楽しみ?)d0180506_739721.jpg
小田原下田農園さんの花苗、丁寧に育てられているように見えた苗だったので・・・
ビオラ7ポット購入してしまった。
私も大切に管理しなければと思わされます。

クラフト等はお客様の中には結構自分でやっておられる方も多く、
リースの話からさらに花の乾燥の仕方等に段々進展し、販売だけでなく
「みどり」を媒介として人との関わりが出来、「ありがとう!家で実行してみる」
とおっしゃられて帰られる方。
必ず購入するとは限らない。しかし気持よくお帰りいただけて、またの機会にリピーターとなって
お会いできればそれでもいい。私もそうだから・・・
このような関わりが私にとって一番嬉しい。

今回のようイベントに参加できる生活環境に感謝しつつ、また明日から仕事に戻ります。
[PR]

# by juju-19451006 | 2010-10-24 23:58 | Comments(1)