<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

入りやすかった店   




d0180506_15575536.jpg

御茶ノ水での受診の帰りはあちこち寄り道です。

まず表参道のニールズヤードで切れてしまった化粧品購入。
ネットショップと店頭での購入のポイントを
ひとまとめにする手続き終了。

ついでに先日貰った「いりこダシ醤油」のお返しにと
いつも寄る新潟アンテナショップでのお買い物。

これで受診と用事を済ませ帰るためにJR原宿駅に向かった。
早朝家を出てから何も食べてないのでお腹は空きすぎ状態。
でも
洒落たお店は入りにくいし...

ある店先の前で2~3人の女性が
メニューを選んでいる様子に
通り過がりの私もふと足を止めた。
自然な外装に引き寄せられて
なんのためらいもなく店に入った。
白木のカウンターも一人座りなので気兼ねがない。
早速人気らしい「極みかつ丼のセット」を注文してみた。

お蕎麦のだし汁の中にさらに荒削りダシを
注いでいるのを目にした。
何やら美味しそうな予感~♪。

このダシの効いたスープ全部飲み干しましたよ。
セットのかつ丼は柔らかく
薄味ながらもしっかり味。
歯科受診の帰りの私向きでした。





d0180506_15570311.jpg

電車待ちの間スマホで
表参道の蕎麦きり「みさと」と検索したら
あら~あら~
最近女性客に注目されてる店で
いつも行列なんだとか。
たまたま混んでなくて運が良かったようです。
場所としても安いし他店にはない雰囲気からして
何だかお得感が残った。

次回は冷やし鴨茄子そばでも食べてみよう~♪


「丘の家」は、ランキングに参加をしています。
バナーをポチして頂けると嬉しいです。 
  
    ポチemoticon-0152-heart.gif





[PR]

by juju-19451006 | 2017-03-21 15:27 | 日々の出来事 | Comments(2)

受診のはしご   




d0180506_21401043.jpg


一日でhospitalでの3受診
早朝の6時に家を出ることなど滅多にない私。
それでも
呼吸内科予約の8:30に間に合うためには仕方ない。
呼吸内科の診察が終わり次回検査予約日を決めて終了。

さらに院内移動で耳鼻科受診へと急ぐ。
ここは呼吸内科の担当医からの勧めでの受診。
私の鼻声が気になるというのだ。
私は生まれつきだと思ってるから全然気にしてないが
先生は思い当たる事があるらしい。
耳鼻科の女医さんが言うには
呼吸内科に入院してる患者さんがよく内部診察で来ると言った。
私もその吸引薬の影響なのか?
細いカメラを入れると左鼻の奥に小さなポリープが2個。
そして右鼻の奥は少し腫れて狭くなっているという。
前回と同様の抗生物質の処方箋を貰い会計を済ませ
後は薬を受け取る順番を待つのみ。
時間がかかるようなので後で取りに来ることにした。




d0180506_22112164.jpg

隣接する医科歯科大病院で歯科治療の初心受付してもらうため急いだ。
しかし10:30受付終了と表示板が...
10:32分着だったのだが何とかお願い受付に成功。
そうしないとまた新たに出掛けて来なければならないからだ。
受付てくれた人に心から感謝です。

初心患者なので歯科総合診療部(1F)で
口の中の状態を診察してから
レントゲンを撮るためにB1階に。
歯全体と左右虫歯のレントゲン撮影。
それが済むと虫歯外来5階と口腔外来6階へと移動。

そこで初診医が問診して担当医が決められ
渡された健康調査票への記入。
さらに担当診察医から写真診断による症状確認と
抜歯手術に関する説明と同意書への記入。
右上6歯根破折で抜歯が必要とのこと。
かって虫歯治療した歯の根元深部が中で折れて
それで炎症を起こしているという。
だから顔の頬を押すと痛いし物を噛むのが辛い。
歯を抜いたことがない私だったが
ついに一本抜く事になりそうだ。

介護は水木金だから
予約可能日は月か火しかない。
後は担当医との絡みで結局4月上旬の火に予約。
さらに翌週の月の予約治療は左上6の虫歯。
担当診察医がピンセットで抜歯する歯の付近を
検査で突っついたお蔭でさらに痛みが増す。
4月の予約受診までこの痛みに耐えて過ごさなければならない。

担当診察医が言うには担当医師の順番待ちがあるので
治療は結構待つことになるという。
それでも良いですかと問われたが
私にとって今回の歯の治療が最後になるだろうと
考えるのでお願いしますと伝えた。





d0180506_22083617.jpg

一日中受診と検査で3診療科を終えて帰宅したのは夜。
シュフトウサンはごはん待ちだ。

でも翌日はお泊まり介護シフト日~
シフトに入る人が減り、さらに代わりも難しい現状。
物を噛む事ができないほどの激痛だけど介護出来ない事はない!

自分が母の介護にかかわる事で
後で後悔する事のない恥じない自分でありたい。
母の介護は自分の心との向かい合わせ~

日常降圧剤服用してるせいか
ある時スーパー内ですーっと気が遠のき
ちょっと危険だと感じた事があった。
でも傍らのソファーに座りこんでしばらくしたら大丈夫だった。
それはちょっとした不安定な症状であって
倒れたとは言わない。
万一救急搬送されるようなことがあった時には
私はそれを「倒れた」と表現するだろう。



「丘の家」は、ランキングに参加をしています。
バナーをポチして頂けると嬉しいです。 
  
    ポチemoticon-0152-heart.gif




[PR]

by juju-19451006 | 2017-03-18 22:50 | 日々の出来事 | Comments(4)